手汗を抑えるための対策は大きく分別するとふたつの方法があります。

ひとつめは精神的な部分を鍛えて手汗をかきにくくするというものです。栄養バランスを考えた食事をするなど規則正しい生活スタイルにしたり、ツボ押しなどによってストレスに慣れて掌の発汗を改善する方法です。もう一方は病院での手術や制汗剤によって物理的に手掌多汗症を改善する方法です。

熱くなってくると ジトジトした手汗に思う悩む人も たくさん居るのではないでしょうか。 私の多汗症はビショビショになるほどの 激しい手汗です。 手紙を書いたり料理を作ったりといった 普段の生活に不便を感じたり 周囲の人とのスキンシップを図る時の 邪魔になったりと、 手掌多汗症の辛さは自分にしかわからない 悩ましさがあるものです。有名どころは塩化アルミニウムを主成分とした手掌多汗症の制汗剤です。

薬によって塩化アルミニウムの濃さが違っていて、塩化アルミニウムの濃度が高いお薬ほど手汗を改善することができますが手肌が繊細な方は手荒れしてしまう可能性が高くなります。

病院に行かなくても手に入る商品では有効成分である塩化アルミニウムの割合が1割〜2割くらいのものまで販売されています。2つ目は手の平にボトックス注射という注射をして手掌多汗症を止める方法です。

この方法はおおよそ半年くらい効いて手のひらからの汗が抑制されるといわれています。

手術と同じように皮膚科で対応してもらう必要があり、半年で効果はきれてしまいますが一回に安くはないのでなかなか簡単に処置してもらうことはできません。

皮膚科に頼らなくても手に入る手汗対策のアイテムは何種類か存在します。

ハンドクリームタイプの手汗対策商品も3種類ほど売られています。

ハンドクリームタイプの制汗剤の魅力はいつでも手軽に手のひらに塗り込むことができることです。

また、手肌に優しい商品が多く、皮膚の弱い女性の方にとってはありがたい種類の手汗の制汗剤です。錠剤を飲むことによって手汗を和らげる商品もあります。

服用するだけで身体全体の汗を改善することができその効果は手掌多汗症の改善にも及びます。

簡単に手軽に飲むことができるところがこの手の商品のメリットです。

ひとつは皮膚科による手術で脇の下にある交感神経を遮断し手掌多汗症を改善するという手段です。

実際に手汗が改善される効果は期待できますが病院での処置が必要で、手術代も大きくなってしまいます。

最後に紹介するのは塩化アルミニウムという成分を配合したお薬で手掌多汗症を低減して改善するという手段です。

この塗布薬は掌の汗腺を覆い、手汗を抑える効果を期待できます。皮膚科でも手に入りますが通販などで販売されているお薬も購入することができるので病院までいかなくても個人的に手汗対策を行えることが魅力です。手汗は症状のない人には悩みの深さがわかりません。

普通の手の平を持っている人からすれば大した悩みではないと笑われるかもしれませんが苦しんでいる当人からすれば本当に辛いものです。近頃は皮膚科にまで通わなくてもこういった手軽に購入できる商品がたくさん発売されていますので、色々と実験してみて肌に合うものを調べてみると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です