最後に紹介するのは塩化アルミニウムという成分を中心とした塗り薬で手掌多汗症を低減して改善するという手段です。

塩化アルミニウムは掌の汗腺を塞ぐことで手掌多汗症を改善する効果があります。

皮膚科でも手に入りますが通販などで売っている制汗剤も何種類かあるので病院までいかなくても手軽に手汗の改善を行えることが良いところです。

夏が近づいてくると びちょびちょの手のひらに苦労する人も 多いこととの思います。

私の手は周りも引くほどの汗をかく とっても凄い手掌多汗症なのです。

スマホが反応しなかったりといった 日常に影響を及ぼしたり カラオケのマイクを回す時の 恥ずかしさになったりと、 手汗には当事者にしかわからない ツライ思いがあるのです。インターネットで購入できる手汗対策のアイテムはいくつか種類があります。薬を服用することで手掌多汗症を抑える商品もあります。飲むと脇や額などの汗も抑制することができその効果は手掌多汗症の改善にも及びます。

さっと服用でき対策できるところが錠剤のタイプのお薬のメリットです。最も有名なものは塩化アルミニウムを中心とした手汗の対策商品です。

薬によって塩化アルミニウムの濃度が異なり、高濃度なものほど制汗作用が期待できますがその分手荒れする可能性が高くなります。ネット通販で購入できるお薬では塩化アルミニウムの濃さが様々なものが売られています。手汗は当事者にしか悩みの深さがわかりません。症状がない人から見れば小さなことだと思うでしょうが、悩んでいる本人からすれば人を嫌いになるほど悩ましいものです。

近頃は皮膚科にまで通わなくてもネット通販などで購入できる制汗剤がいくつもありますのでいくつかの制汗剤を試してみて自分の手汗が改善される制汗剤を見つけてみると手汗の悩みが軽減されることでしょう。

クリームを塗り広げるタイプの手掌多汗症専用の制汗剤も3種類ほど販売されています。ハンドクリームタイプのお薬のいいところはいつでも手軽に手に使うことができるところです。さらに、手肌に優しいお薬が多く、手荒れしやすいお子さんや女の方にとっては心強い手汗の制汗剤です。2つ目は手の平にボトックス注射という注射をして手汗を改善させる方法です。この方法は半年程度効果が持続し、手のひらからの発汗を抑えられるといわれています。手術と同じように皮膚科で対応してもらう必要があり、一回の注射の料金は安くはないので余程のお金持ちでも無い限り気軽に処置してもらうことはできません。

手掌多汗症を改善する方法は大きく分別するとふたつの方法があります。

一つは自律神経を整えて手のひらからの発汗を抑えるというものです。

食事や睡眠など規則的な習慣を身に着けたり、訓練によってリラックスして掌の発汗を改善する方法です。

別の方は病院での手術や制汗剤によって物理的に手掌多汗症を抑えようとするものです。

ひとつは皮膚科による手術で手術が必要で手汗を改善するという選択肢です。手汗抑制の効果は期待できますが手術なのでかかる費用も高額になりがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です