最後に紹介するのは塩化アルミニウムを配合した薬品で手掌多汗症を改善させるという手段です。

塩化アルミニウムのお薬は手のひらの汗腺を塞ぐことで手掌多汗症を改善する効能が得られます。

病院に行けば手に入りますがネットなどで売っている制汗剤も何種類かあるので皮膚科の先生に見てもらわなくても自分で対策を行えることが魅力です。

錠剤を飲むことによって手汗を抑え込む商品もあります。

服用するだけで背中や脇などの汗も改善することができその効果は手掌多汗症の改善にも及びます。

簡単にパパっと飲めるところが服用するタイプの薬の使いやすいところです。日差しが強い時期になると ベタベタする手汗に悩まされている人も たくさん居るでしょう。

私の多汗症は自分でも嫌気がさすほどの みずみずしい手のひらです。 指紋認証が反応しなかったりといった 日常生活に不便さを感じたり スポーツをする時の 上手くできない原因となったりと、 手汗には本人以外には伝わらない 悩ましい思いがつきまとうのです。

有名どころは塩化アルミニウムを主成分とした手汗の制汗剤です。

薬によって塩化アルミニウムの配合量が異なり、濃度が高い商品ほど手汗を改善することができますがその分手荒れする可能性が高くなります。市販されている商品では塩化アルミニウムの濃度が様々なものが販売されています。

手掌多汗症への対策は大きく分別すると二種類の方法があります。

一つは自律神経を整えて手掌多汗症をコントコールするというものです。

きちんと決まった時間に睡眠をとるなど生活習慣を改善したり、ツボ押しなどによってストレスに慣れて手の汗をコントロールしようとする方法です。他方は専用のお薬や病院での処置によって物理的に手汗を抑える方法です。

ハンドクリームタイプの手汗対策商品もいくつか販売されています。

ハンドクリームタイプのお薬のメリットはいつでも手軽に手に使うことができることです。また、手荒れを起こしにくいお薬が多く、手荒れしやすいお子さんや女の方にとっては助かる種類の手汗のお薬です。

2つ目は手のひらにボトックス注射というお薬を打って手汗を手掌多汗症をこの方法は半年程度効果が持続し、手の汗が抑制されるといわれています。交感神経を遮る手術と同様に病院で処置をしてもらう必要があり、一回の注射の料金は数万円かかるので余程のお金持ちでも無い限り気軽に処置してもらうことはできません。病院に行かなくても手に入る手汗対策のお薬はいくつか種類があります。ひとつは手術で脇の下にある交感神経を遮断し手掌多汗症をコントロールするという選択肢です。

実際に手汗が改善される効果は期待できますが手術代も高くなってしまいます。

手掌多汗症は長年びちょびちょの手と生きてきた本人にしかその辛さはわかりません。普通の手の平を持っている人からすればなんてことないことだと感じるでしょうが悩んでいる本人からすれば深いトラウマを抱いてしまうほど悩ましいものです。近頃は皮膚科にまで通わなくても手軽に自分でできる制汗剤がいくつもありますので効果があるか実験してみて自分に合う商品を探してみると手汗の悩みが軽減されることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です