有名どころは塩化アルミニウムをたくさん含まれている手掌多汗症の制汗剤です。

薬によって塩化アルミニウムの濃さが違っていて、塩化アルミニウムの濃度が高いお薬ほど手掌多汗症を改善することができますが手肌が繊細な方は手荒れしてしまう可能性が高くなります。

皮膚科に頼らなくても手に入るお薬では塩化アルミニウムの割合が1割〜2割くらいのものまで販売されています。手汗は症状のない人には分かりにくい種類の悩みです。

普通の手の平を持っている人からすれば小さなことだと思うでしょうが、悩んでいる本人からすれば本当に辛いものです。

最近は病院に行かなくてもネット通販などで購入できる制汗剤がたくさん発売されていますので、色々と実験してみて相性の良いものを見つけると良いのではないでしょうか。手汗の症状を良くする方法はざっくり2種類の方法があります。

ひとつめは精神的な部分を鍛えて手汗をかきにくくするというものです。

きちんと決まった時間に睡眠をとるなど健康的な生活を送ったり、訓練によって緊張しないようにして手のひらの汗を抑える方法です。

もう一つは病院での手術や制汗剤によって物理的に手掌多汗症をコントロールしようとする方法です。日差しが強い時期になると ベタベタする手汗に悩まされている人も たくさん居るでしょう。

私の多汗症は自分でも嫌気がさすほどの みずみずしい手のひらです。

指紋認証が反応しなかったりといった 日常生活に不便さを感じたり スポーツをする時の 上手くできない原因となったりと、 手汗には本人以外には伝わらない 悩ましい思いがつきまとうのです。ひとつは皮膚科による手術で交感神経を遮断して手掌多汗症を改善するという交感神経を遮断してもちろん効果は期待できますが手術が必要でその費用も高額になりがちです。みっつめの方法は塩化アルミニウムという成分を主成分とした塗り薬で手掌多汗症を改善させるという方法です。塩アルの薬は手のひらの汗腺を塞ぐことで発汗を抑える効果があります。皮膚科でも手に入りますが通販などで販売されているお薬も何種類かあるので病院までいかなくてもひっそりと対策を図れるところが魅力です。

ふたつめは手のひらにボトックス注射という注射をして手汗を手汗をこの方法は半年程度効果が持続し、抑える方法です。

発汗を抑えられるとされています。

脇の下の神経を遮断する手術と同じように病院で処置をしてもらう必要があり、一回の注射の料金は数万円かかるので余程のお金持ちでも無い限り気軽に踏み切ることはできません。ハンドクリームタイプの手掌多汗症の薬も3種類ほど販売されています。

ハンドクリームタイプのお薬の魅力はいつでも手軽に手に使うことができるところです。

さらに、手肌に優しい制汗剤が多く、手荒れしやすい女性の方にとっては助かる種類の手汗のお薬です。皮膚科に頼らなくても手に入る手掌多汗症対策の制汗剤は何種類か存在します。錠剤を飲むことによって手汗を和らげるお薬もあります。

飲むだけで脇や額などの汗も抑えることができ、その効果は手汗の改善にも及びます。飲み忘れても水分さえあればすぐに服用できるところが錠剤のタイプのお薬のメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です