最もメジャーなものは塩化アルミニウムを中心とした手汗の制汗剤です。薬によって塩化アルミニウムの強さが違って塩化アルミニウムの濃度が高いお薬ほど手汗を改善することができますがその分手荒れする可能性が高くなります。

皮膚科に頼らなくても手に入る商品では塩化アルミニウムの割合が様々なものがあります。ひとつめは病院で手術が必要で手汗をコントローするという方法です。

手汗を劇的に減らす効果を期待できますが病院での処置が必要で、手術代も高額になりがちです。

熱くなってくると ジトジトした手汗に思う悩む人も たくさん居るのではないでしょうか。

私の多汗症はビショビショになるほどの 激しい手汗です。

手紙を書いたり料理を作ったりといった 普段の生活に不便を感じたり 周囲の人とのスキンシップを図る時の 邪魔になったりと、 手掌多汗症の辛さは自分にしかわからない 悩ましさがあるものです。

クリームを塗り広げるタイプの手汗専用の制汗剤もいくつか販売されています。

クリームを塗り広げるタイプのお薬のメリットはいつでも手軽に手のひらに塗り込むことができることです。さらに、手荒れを起こしにくいお薬が多く、手肌の弱い女性の方にとっては助かる種類の手汗のお薬です。手汗は症状のない人には辛さがわからない病気です。症状がない人から見ればしょうもない事だと一蹴するのでしょうが苦しんでいる当人からすれば心に闇を抱えてしまうほどに深い悩みです。

今は皮膚科で処方してもらわなくても手軽に自分でできる制汗剤がいくつもありますので色々と実験してみて自分の手汗が改善される制汗剤を見つけてみると良いのではないでしょうか。最後に紹介するのは塩化アルミニウムという成分を主成分とした塗り薬でしつこい手汗を治療するという方法です。

この塗布薬は掌の汗腺を覆い、手掌多汗症を抑える効果を期待できます。

皮膚科でも処方してもらうこともできますが市販の商品も購入することができるので皮膚科の先生に見てもらわなくても個人的に手汗対策を図れるところが良いところです。

ふたつ目は手のひらにボトックス注射という処置を行い手掌多汗症を止める方法です。この方法は半年程度効果が持続し、手のひらからの発汗が改善するとされています。脇の下の神経を遮断する手術と同じように病院で処置をしてもらう必要があり、一度の治療でかかる費用はうん万円かかるので余程のお金持ちでも無い限り気軽に処置してもらうことはできません。

手汗を改善する方法は大きく分別すると二種類の方法があります。

ひとつめは精神的な部分を鍛えて手汗をかきにくくするというものです。食事や睡眠など健康的な生活を送ったり、ツボ押しなどによって緊張しないようにして手のひらの汗を改善しようとするものです。

もうひとつは病院での手術や制汗剤によって強制的に手掌多汗症をコントロールしようとする方法です。錠剤を飲むことによって手掌多汗症を抑える商品もあります。

服用するだけで手汗以外の汗も抑制することができその効果は手汗の改善にも及びます。いつでも手軽に飲むことができるところが服用するタイプの薬のメリットです。ネット通販で購入できる手掌多汗症対策の商品はいくつか種類があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です